NOS Network Open System

Template02の使い方・設定方法

Template02の使い方・設定方法

1.WordPressのインストール

まず、ご自身のサーバーにWordPressをインストールしてください。

最新のWordPressのダウンロードはこちら


2.プラグインのインストール

WordPressをインストール後、以下のプラグインをインストールしてください。

  • Advanced Custom Fields

  • Contact Form 7

  • Image Widget

  • Link Manager

  • Meta Manager

  • Meta Slider

  • Shortcode Exec PHP

  • Simple Map

  • WP-PageNavi

  • WordPress Importer

プラグインのインストール方法

WordPressにログイン後、左メニューから
プラグイン」→「新規追加」→「プラグインの検索」→「いますぐインストール」→「プラグインを有効化


3.テンプレート(テーマ)のアップロード

Template02のダウンロードデータの中にある「Template02」フォルダを「FFFTP(Windows)Cyberduck(Mac)等のツールを使用して、サーバーへアップロードして下さい。

FTPクライアントを使用した「テンプレート(テーマ)ファイル」のアップロード方法

FTPクライアントを起動後、WordPressをインストールした場所を検索し
wp-content」→「themes」を開き、テンプレートファイルをドラッグ&ドロップすれば完了です。

FFFTPの使い方

FFFTPの使い方についてはこちらをご覧ください。

Cyberduckの使い方

Cyberduckの使い方についてはこちらをご覧ください。


4.テンプレート(テーマ)の有効化

WordPressにログインし、左メニューから
外観」→「テーマ」→「Template02」を選択し、有効化で完了です。

有効化されているかチェックする

WordPress内の左上にある家のマーク(サイトを表示)をクリックし、以下のような画面が表示されればテンプレート(テーマ)が正しく適応されています。


5.XMLファイルのインポート

Template02のダウンロードデータの中にあるxmlファイルを、WordPressへインポートしてください。

インポート方法

WordPressへログインし、左メニューから「ツール」→「インポート」→インポート画面から「WordPress」を選択します。
次に、Import WordPressというタイトルが表示されている画面から、自分のコンピューターからファイルを選択するの右側にある「ファイルを選択」をクリックします。
xmlファイルを検索&選択し、右下の「開く」をクリックしてください。
Import WordPressの画面に戻り、ファイルをアップロードしてインポートをクリックしてください。
最後に、英文が表示されている一番下にあるSubmitをクリックして完了です。


6.パーマリンクの設定

WordPressにログインし、左メニューから
設定」→「パーマリンク設定」→「カスタム構造」を選択します。
カスタム構造の右側にある空欄に、

/news/%post_id%

をコピーペースト(貼り付け)してください。
最後に画面一番下の「変更を保存」をクリックして完了です。


7.リンクの設定 (任意)

ホームページに外部リンクを追加したい場合は、以下の設定を行ってください。

WordPressにログインし、左メニューから
リンク」→「新規追加」を選択してください。

新規リンクの追加ページが表示されましたら、
名前(リンク名)、ウェブアドレス(URL)を入力を行ってください。

また、一度もリンクの追加を行っていない場合(新規作成の場合)は
カテゴリー項目にある「新規カテゴリー追加」をクリックし、
フォーム内(新規カテゴリー名)に「リンク」と入力後、追加ボタンをクリックしてください。

最後にページの右側にある「リンク追加」ボタンをクリックして完了です。

※今後新たにリンクを追加する場合は、カテゴリー項目内に作成した「リンク」のチェックボックスにチェックを入れ、リンクを追加してください。この設定を行わないと、リンクが正しく表示されませんのでご注意ください。


8.ウィジェットの設定

WordPressにログインし、左メニューから
外観」→「ウィジェット」を開いてください。

ウィジェット画面が表示されましたら、右側にあります「side-widget」に表示されている
”検索、最近の投稿、最近のコメント、アーカイブ、カテゴリー、メタ情報”を削除してください。
削除方法は、各項目をクリック後に削除ボタンを押すか、ドラッグ&画面外にドロップで削除する事ができます。

次に、ウィジェット内の項目一覧から「リンク」を選択し、
リンクにチェックを入れ、「ウィジェットに追加」をクリックしてください。

右側のリンクにリンク内容が表示されますので、「リンクカテゴリーの選択」項目でリンクを選び、
チェックボックス内の「リンクの名前を表示」のみにチェックを入れ、「保存」をクリックしてください。

続いて、ウィジェット内の項目一覧から「テキスト」を選択し、「side-widget」にチェックを入れ、「ウィジェットに追加」をクリックしてください。

右側のside-widget項目内にテキストが追加されますので、タイトルには

GoogleMap

と入力し、下の大きな空欄(テキストエリア)内には

[map zoom="14"][location-st][/map]

をコピーペースト(貼り付け)してください。
作業が完了しましたら、保存ボタンをクリックしてください。

最後に、ウィジェット内の項目一覧から「画像ウィジェット」を選択し、
外観にチェックを入れ、「ウィジェットを追加」をクリックしてください。
右側の外観に「画像ウィジェット(画像を選択)」が表示されますので「保存」をクリックしてください。

外観画像を設定する場合は「画像ウィジェット(画像を選択)」をクリックし、病院/医院/クリニックの外観写真を選択後、
右側に表示される添付ファイルのサイズを「265×235」サイズに合わせ(画像を編集からトリミング(切り抜き)を行えます)、
右下の「ウィジェットに挿入」ボタンをクリックしてください。
外観画像を設定後、タイトル項目にファイル名が表示されますのでこれを削除し、保存をクリックしてください。

※外観画像は「265×235」サイズになります。265×235以上のサイズの場合はトリミング(切り抜き)で調整を行ってください。

メディア(画像等)のアップロード方法

メディアのアップロード方法についてはこちらをご覧ください。

画像のトリミング(切り抜き)

画像のトリミング(切り抜き)についてはこちらをご覧ください。

以上でウィジェットの設定は完了です。


9.プラグインの設定

Template02のダウンロードデータの中にある、shortcode-exec-phpをご用意ください。

次に、WordPressにログインし、左メニューから
ツール」→「Shortcode Exec PHP」を開いてください。

ページ下部にある、Import/exportという項目にある「ファイルを選択」をクリックし、ダウンロードしたフォルダ内にあるshortcode-exec-phpを選択した後「開く」をクリックしてください。

ファイルの選択ができましたら、青色の「Import」ボタンをクリックして完了です。


10.基本情報の設定

WordPressにログインし、左メニューから
外観」→「Theme Options」を選択してください。

Theme Optionsページを開くと各項目が表示されますので、基本情報をご入力下さい。

入力が終わりましたら、ページ一番下の「Save Options」ボタンをクリックして完了です。


11.ホームページのロゴ設定

WordPressにログインし、左メニューから
外観」→「ヘッダー」を選択してください。

画像を選択という項目内にある「ファイルを選択」をクリックし、
ホームページに設定したいロゴ画像を選択後、「アップロード」ボタンをクリックしてください。

アップロードボタンをクリックすると、ヘッダー画像のトリミング画面が表示されます。
トリミング(切り抜き)する必要がない場合は、「切り取って公開する」ボタンをクリックしてください。

トリミングしたい場合は、サイズを指定してから「切り取って公開する」ボタンをクリックしてください。

最後に、ヘッダーページ一番下の「変更を保存」ボタンをクリックして完了です。

※WordPressのバージョンにより、ボタンのテキストの表示が異なる場合がございます。

画像のトリミング(切り抜き)

画像のトリミング(切り抜き)についてはこちらをご覧ください。


12.キービジュアル(トップページ広告)の設定

WordPressにログインし、左メニューから
Meta Slider」を選択してください。

ページが表示されましたら、新規スライダー内の「スライドを追加」ボタンをクリックしてください。

次に「ファイルをアップロード」タブをクリックし、「ファイルを選択」ボタンをクリックしてください。

キービジュアルに設定したい画像の選択が完了しましたら、右下のスライダーに追加をクリックしてください。

最後にページ右上の「保存」ボタンをクリックで完了です。

画像サイズの設定

横幅の基本サイズは「1168px」です。画像の横幅が1168px以上の場合、縮小され表示されます。
高さは画像のサイズに合わせ、設定を行ってください。

キャプション機能

画像に対してテキストを追加することができます。

画像の近くに表示されている「一般」のタブをクリックし、
キャプションと書いてある枠の中にテキストを入力してください。

※文章が多くなると、スマートフォンで見た場合に画像が見えなくなりますので短文がおすすめです。

その他の機能

スライダーの種類や、スライド時のエフェクト効果などを設定する事ができます。

詳しくは googleなどのキーワード検索で「meta slider」をご検索ください。


13.メタ・ディスクリプション設定

WordPressにログインし、左メニューから
設定」→「Meta Manager」を選択してください。

ページが表示されましたら、「共通キーワード」「基本ディスクリプション」内に基本情報の入力を行ってください。

全ての入力が終わりましたら、下部の「変更を保存」ボタンをクリックして完了です。

共通キーワードとは?

共通キーワードとは、ホームページ全体に関わるキーワードの設定項目です。

ここに入力したキーワードは、SEO(検索エンジン対策)に影響を及ぼしますので正しいキーワードの入力が必要です。

例えば、神奈川県の横浜市にあるクリニックの場合、「神奈川県,横浜市,○○駅,○○クリニック」と入力すると良いでしょう。

※キーワードが連続する場合は半角の「,」を使用して下さい。

基本ディスクリプションとは?

基本ディスクリプションとは、ホームページ全体に関わる説明文の設定項目です。

googleなどの検索エンジンを使用して「検索結果に表示されるサイトの説明文」となります。

入力例としては、神奈川県横浜市○○区の○○駅の○○クリニックです。○○科、○○科、○○疾患など気になる症状、具合の悪いところがあれば、何でもご相談ください。等になります。


14.固定ページの設定

WordPressにログインし、左メニューから
固定ページ」→「固定ページ一覧」を選択してください。

固定ページは、

お問い合わせ」「お知らせ」「交通案内」「医師のご紹介」「当院のご案内

の5つになります。

※WordPressインストール時に生成される、「サンプル用のテストページ」は削除してください。

削除方法は、固定ページタイトルにマウスカーソルを合わせ、ゴミ箱をクリックで削除できます。

交通案内の設定

固定ページ一覧から「交通案内」をクリックしてください。

ページが開きましたら、ページ上部にあるテキストエリア内の

[map height="400px"]ここに所在地を入力[/map]

と記入されているテキストを、病院/医院/クリニックの所在地に変更してください。

※建物名などを入力する事でエラーが出る場合がございます。

その場合には建物名などを削除し、番地までを入力してください。

(変更例)

 [map height="400px"]神奈川県横浜市西区[/map]

詳しい設定方法(地図の倍率やその他のオプション)についてはこちらをご覧下さい。

次に、項目1~5に情報を入力してください。

※あらかじめ「」「バス」「電車」の3つが入力されております。

例として電車の情報が必要ない場合は「項目のタイトル」と「文章」を削除すれば
ホームページ上から項目と文章が消えます。

全ての入力が終わりましたら、ページ右上の「更新」ボタンをクリックして完了です。

医師のご紹介の設定

固定ページ一覧から「医師のご紹介」をクリックしてください。

ページが開きましたら、A項目1~3に情報を入力してください。

また、写真を追加する場合は「A写真」の項目にある「画像を追加する」をクリックして写真の設定を行ってください。

※写真の設定を行わないと情報が反映されません。必ず画像の追加設定を行ってください。

医師のご紹介ページには、あらかじめ「院長名」「経歴」「所属学会、専門医」「スタッフ1(看護師)」「スタッフ2(事務員)」の5つが入力されております。

ご希望のタイトルがございましたら変更を行ってください。

入力が終わりましたら、ページ右上の「更新」ボタンをクリックして完了です。

当院のご案内の設定

固定ページ一覧から「当院のご案内」をクリックしてください。

ページが開きましたら、料金表Aに関するテキストと画像、料金表Bに関するテキストと画像、項目1~5に情報を入力してください。

※料金表の表示が必要ない場合は、項目1~5のみ入力してください。

入力が終わりましたら、ページ右上の「更新」ボタンをクリックして完了です。

※テキストエリア内に表示されている

[myphp file='about_custom']

を削除しないで下さい。
このコードは料金を表示させる為に必要なコードです。

お問い合わせの設定

固定ページ一覧から「お問い合わせ」をクリックしてください。

ページが開きましたら、項目1に情報を入力してください。

入力が終わりましたら、ページ右上の「更新」ボタンをクリックして完了です。

各ページに共通する設定 (任意)

例として「お問い合わせ」ページをクリックしてください。

固定ページを編集する画面が表示されましたら、メタ情報という項目を確認してください。

このメタ情報という項目は、各固定ページに設置されており、SEO(検索エンジン対策)に影響を及ぼします。

まず、メタキーワードにはタイトル(今回は例としてお問い合わせページを選びましたので、タイトルはお問い合わせになります)に合わせて、「コンタクトフォーム,ご連絡,メール」などの入力を行ってください。

※キーワードを連続して入力する場合は、半角の「,」を使用してください。

続いてメタディスクリプションの設定についてですが、こちらはgoogleなどの検索エンジンを使用して「検索結果に表示されるサイトの説明文」となります。

今回はお問い合わせページに関する説明文の記入になりますので、
このページは○○○医院のお問い合わせページです。ご質問等ございましたらお問い合わせフォームよりご連絡ください。」等を記入すると良いでしょう。

メタキーワードとメタディスクリプションの設定が完了しましたら、ページ右上の「更新」ボタンをクリックして完了です。


15.メールフォーム(受信)の設定

WordPressにログインし、左メニューから
お問い合わせ」→「コンタクトフォーム」を選択してください。

ページが表示されましたら、「コンタクトフォーム1」項目の左にあるチェックボックスにチェックを入れ、
ページの一番下にある「一括操作」のプルダウンメニューから、「削除」を選択し、適応ボタンをクリックしてください。

削除を確認しましたら、次に「ContactForm」というタイトルをクリックしてください。

コンタクトフォームの編集」というページが表示されましたら、
メール」という項目内にある、「宛先」の編集を行ってください。

宛先には受信するメールアドレスを入力してください。

※この設定が誤っていると、ホームページのお問い合わせメールを正しく受信出来ませんのでご注意ください。

次に、宛先の右側にある「メッセージ本文」の編集を行ってください。

メッセージ本文内にある、
このメールは、ホームページのお問い合わせフォームから送信されました。
という表記を、ご自身のサイト名に変更してください。

(記入例) このメールは、○○○クリニックのホームページから送信されました。

設定が完了しましたら、ページ右上の「更新」ボタンをクリックして完了です。

補足

※gmailやyahooメール等、フリーのアドレスを使用しての受信設定は、
お問い合わせ頂くお客様のメールが迷惑メールフォルダへ隔離されたり、
スパムと判断される可能性がございますのでおすすめできません。
独自のメールアドレス(例:info@hospitalname.comなど)をご利用ください。


16.お知らせの初期設定と使い方

WordPressにログインし、左メニューから
投稿」→「投稿一覧」を選択してください。

ページが表示されましたら、サンプルとして用意されている投稿内容の削除を行ってください。

投稿内容を削除したい場合、削除したいタイトルの付近にある「ゴミ箱」をクリックすることで削除できます。

サンプルの削除が完了しましたら、投稿一覧ページの左上にあります「新規追加」ボタンをクリックしてください。

新規投稿を追加のページが表示されましたら、タイトルと内容を入力し、ページ右上の「更新」ボタンを押して完了です。

  • その他のコンテンツ